This Category : 進路のこと

母日記

2016.11.18 *Fri*
今日は学校のPTAの進路研修会に参加

今回は地域の施設見学

数年前に見学に行った施設ですが
新しい事業や場所の移動があったりで再見学

新しい場所、坊ちゃんの候補に入れてみたいなぁと思ったり

中学三年から職場実習が始まります。

坊ちゃんが楽しい時間を過ごせる場所が見つかります様に☆彡


今日見学した
新しく始まった事業 トイレットペーパー

官公庁や学校、病院でも導入が始まっているようです。

包装は注文で色々な柄に出来るそうで

企業さんは他社と差がつく
ちょっとした粗品や記念品にも使えそうですね♪

見本で写真や子供たちが描いた絵がプリントされているものもありました。



利用者さんがデザインした包装もありました


研修が終わってからそのまま坊ちゃんを学校へお迎えに行き

坊ちゃんに
「お母さんと〇〇園(放課後デイ)どっちと帰る?」

と聞いたら・・・

〇〇園 

と言われちゃいました


その後は天気が良かったので散歩へ










先日、新聞の取材を受けたぷれジョブ

もう一人の子も取材をして頂ける事に

掲載は遅くなりますが更に楽しみです


ご訪問ありがとうございます
スポンサーサイト

母 記録にっき

2015.08.26 *Wed*
今週、学校で開催された研修会に参加してきました。


夏休み中だったので先生方も参加した研修会。

その覚書なので、だらだら長ったらしい日記です。



講師の方は地元障がい者支援施設の園長さん。
(来月はこの施設にPTAで見学へ♪)

学校を卒業後の生活と福祉サービスについてお話して頂きました。

主に地域で暮らす事、グループホームについてでした。


まず、卒業後は「相談支援事業所」とのかかわりが大切になってくるという事。

現在、坊ちゃんは
市外にある放課後デイと同じ系列の相談支援事業所さんにお世話になってます。
ここは坊ちゃん地方の2市3町を担当してますが、
市内の相談支援事業所さんの方が細かい情報を持っているのかなぁ・・・
と思ったり・・・
将来に向けてゆっくり悩み中。

将来、地域で暮らすという事は・・・
・自宅
・GH、CH

入所施設は地域で暮らすには入らないと今回の研修では位置づけてました。

将来坊ちゃんはどういう生活を望んでくるのだろう。

でも一人っ子坊ちゃんなので、いつかは
グループホームか入所施設なのかなぁ。。。

ただ、今回の研修で・・・
グループホームはどこも満室が多い様です。

新しいGHの開設は、消防法・建設基準法の関係で
・200㎡以上(4人以上が暮らせる広さ)が必要
・廊下のスペース、防火カーテン等の設置

障害支援区分4以上方が8割の場合は今後スプリンクラーの設置義務が出てくるそうで・・・

今までの様に一軒家を借りてGHにって訳にはいかなくなり、
GHの開設は大変困難な様です。

また、GH開設にあたり地域の方の理解を得るのも大変難しい様でした。
(障害について理解はしているが自分の家の隣は嫌とか。。。)

実際、GHで生活していても、地域の方の中には
火事などの心配、
子供に挨拶しただけで「気持ち悪い」と言われる場合も・・・

これは自治会の行事に参加するなどして知って頂くのが一番
(環境活動、夏祭り、避難訓練 等)


また、親が元気なうち一緒に暮らすのは良いけど、
今までの大変な事例で、
親が元気なうちは子供の面倒は親が見る!
それが子供の幸せ、あたり前となってしまい・・・。
いざ親が病気になって慌てる事もあったそうで  

普段から相談支援の方との繋がりは大事だなぁと感じました。

また、今は契約の時代。
何を利用するのも契約。

私たちに何かあり、坊ちゃんが急遽サービスの利用に迫られた時、
契約手続き等で家族以外の親族、成年後見人が必要となる。

あぁぁぁぁ。。。
以前、親の会で行っていた
「成年後見人についての研修会」
参加すればよかった

育成会のFさ~ん!
これ読まれてましたら、また開催して下さぁ~い

今回の研修でチラッとお聞きしたのは
家族が成年後見人になると、たとえ兄弟であっても
『本人のお金は使用してはいけない』
との事でした。
知らなかったぁ。

基本、成年後見人さんは、
金銭の管理が主で、生活面は家族がサポートの様です。


金銭の話が出て、
一緒に聞いていた我が家と同じ子供が一人っ子ママさんと、

障害者年金や工賃は収入としてあるだろうけど、生活するのでいっぱいだろうから
余暇活動を楽しんだり、病気になって働けなくなった場合や老後まで
どの位の貯蓄があったら子供は困らずに生活していけるのだろうね?

と話になりました。
よく、子供が高校~大学までいくら必要か?などとTVで特集しているけど
障害者版の人生の中での金銭の事について、どこかで研修してくれないかなぁ。。。

再び・・・

もし、この長たらしい文章を読んで下さっていたら
Fさ~ん!!!
是非、来年度以降の研修で
「お金や老後についての特集」 お願いします


今回研修して下さった施設と、同じ系列の身体の方の施設が
老朽化に伴い5年後に移転開設なさるそうで

開設後は高齢障害者や重度障害者(強度行動障がい者)の支援にも力を入れるようです。



今の時点で、親の視点ですが・・・
私たち親に万が一の事があった場合

坊ちゃんはGHは難しいのかな?
今の職場の入所施設は軽度の方が多く無理そうかなぁ。。。

すると、今回研修して頂いた施設かとかになるのかなぁ。。。

まだまだ分からないけど

一番はその時の坊ちゃんの意思って事は忘れずにいよう


ご訪問有難うございます


母 勉強日記

2015.05.17 *Sun*
先日学校で開催された
小学部対象の進路研修会のまとめ

今回、坊ちゃんは小学部最後って事で
聞く母の緊迫感も違いました。

中学部からは本格的に作業の学習が始まります。
中学部3年からは現場実習が始まるので、
それまでには・・・

坊ちゃんに合う(作業内容、雰囲気、就職?A型?B型?)
通える所(送迎?自力?)
定員は?(すでに定員オーバーしてない?)

などなど気にしながら親が情報集めし・・・
(先輩保護者の情報、事業所に出向く、ガイドブック参考)
将来坊ちゃんが働ける場所を数か所決め
実習前の面談に備えなければいけません。

家庭でも、ぼんやりしてらんねぇなぁ



研修会で毎回先生がおっしゃるのは・・・
家庭で出来る事を増やす。

挨拶、お手伝、買い物、食事 などなど

その為には
子供にどこまで出来る事を目標にするか

親が先を見る目も必要かぁ。。。


卒業後、坊ちゃんの生活を考え
坊ちゃんが将来生きていく世界を見つめ
今から必要な力を少しづつ身につける。

焦らず、今頑張っている事を一個づつクリアーしていこう


また卒業後の福祉サービス利用の事は
役所の福祉課ではなく
「相談支援事業所」で色々決めていくそうです。

現在、市外の児童デイ利用なので
市外の相談支援事業所で計画等お世話なってるけど、
市内に就労希望だし、
いつか市内の事業所に変更した方が良いよなぁ???
どのタイミングが良いのだろう。。。


また、就労移行支援も、経過措置が無くなり
今年の4月からは卒業生は必ず利用するって言ってたなぁ。
「卒業したから、すぐB型で働く」とか出来なくなったのかぁ。


色々事業所はあるけど・・・
事業所の数は新規がどんどん増える訳でも無く・・・
利用者の皆さんも元気なうちはずっと利用し続ける訳で・・・

卒業生はどんどん卒業するし・・・
高等部を卒業する6年後、事業所に空きはあるのか???
が同級生母ちゃん方の共通の不安でありました


↓この発想も何か将来に生かせないだろうか。。。




ご訪問ありがとうございます

母、研修日記

2015.03.23 *Mon*
先週のの金曜日
4月からお世話になる職場へ



障がい者福祉の仕事への関心を抱いた頃から就きたいと思っていた
就労Bへの配属。

日々勉強な毎日かと思いますが・・・
楽しみます


そして、時間的にとっても厳しいスケジュールでしたが・・・
午後から隣の県で開催された研修会に個人で参加。

時間的に高速のらないと間に合わなかったので久々の高速。
スマホのナビ頼りだったのに・・・
車用の充電器が壊れ高速の途中で電源切れ

勘だけを頼りに、何とか会場にたどり着いたけど、開始から30分経過。。。



最初の企業さんのお話は聞けませんでしたが・・・
去年11月に家族で行った野菜ビュッフェレストランの会社だったのねぇ。
聞きたかった


続いての「富士ソフト企画㈱」さんのお話から聞く事が出来ました。
富士ソフトさんの特例子会社のこの会社。

身体、精神、知的がごちゃまぜのグループで仕事をしているそうで、
お互いがサポートし合い、お互いを必要とし、必要とされる事で相乗効果が出ているそうです
健常者は何かあった場合のみ出ていく様です(スゴイ)

また、障がい者は天性のカウンセラーとして、
鬱になってしまった方が短期間一緒に働き、社会復帰にも一躍かっているそうです。

続いて、当事者である社員の方の講演。
資料もパワーポイントも自分で作成しての発表でした。
学生時代の辛い体験と卒業後の施設での就労を経てこの会社へ就職。
目標を立て、その為に知識や技術を学び、焦らずにステップアップし目標達成。
素晴らしいです。

企業へ就労する為のアドバイスや支援者へのメッセージもあり聞きごたえたっぷりでした。
最後に力強い声で
「ネバーギブアップ」
カッコよかったです

休憩時間に流れていたこの企業の紹介映像で、
入社後も欠勤等が目立つ社員の事例がながれてました。
話し合いの結果、社長が動き、
衣食住の基本的な生活スタイルが出来てないと、何を教えてもダメ
と言う事で、生活スタイルの改善を図る。
プラス
このままだとどうなるかの説明 & 直すとどんな良い事があるかを教え、本人のポテンシャルをあげたそうです。

働いて得たお金で好きな物を買う、だから仕事を頑張る。
目的を持って働くのは障がいの有無関係なく一緒ですよね。

資料や自分のメモを見返しても、知らなかった情報が沢山あり、
無理やりでも行って良かった研修会でした。


ご訪問有難うございます


母、勉強会

2015.02.06 *Fri*
今日は坊ちゃんが通う養護学校のPTA主催、進路研修会でした。

年3回開催開催される研修会の3回目。

今回は地元障がい者施設の園長さんと、地元障がい者相談支援センターの方々を招いての研修会でした。

障がい者施設の園長さんのお話
「グループホーム」について。

将来、いつかはグループホームなど利用できたらなぁ。。。
なんで今は漠然な考えなんですが。

ショートステイの話も聞く事ができ

ショートステイは同級生のお母さん方とも話に出て来る様になり。
どこなら利用できるか?
我が子にあう施設は?
色々調べているお母さんもいらっしゃり

高学年になったし、親がいつどうなるかなんて分からないし。
急に知らない所にポンと預けられ、坊ちゃんが困らぬように。

ショートステイ、いくつか探して話し聞かなきゃなぁ。
と改めて感じた今日でした。


ただ、今日の研修会で保護者の方からもお話があったのですが・・・

月に何度かショートステイを利用しているけど、
実際、本当にお願いしたい時に、定員オーバーで利用出来ない場合もある

おぉ~
のんきにしている場合じゃないんだなぁ。
決まればいつでもOKって訳じゃないんだなぁ
施設の方も努力している様ですが、なかなか大変な様です。

研修会が終わった後、一緒に座ったお母さん方と、
もっとショートステイサービスの提供業者増えないかなぁ
と共に切に願ったり。。。

とりあえず、
現在利用している放課後デイでショートステイも行っているので聞いてみよう


ご訪問有難うございます



Copyright © けせらせら☆なるようになるや~ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: BEE )
 

ぷろふぃーる

のんちゃんまま

Author:のんちゃんまま
★ぼっちゃん
  平成15年生まれ
  自閉症っ子

★のんちゃん
  平成14年生まれ
  永遠の3ヶ月児
  ダウン症っ子
  心疾患っ子

★のんちゃんまま
  二児の母
  田舎に在住
  グウタラ主婦
  狼バンドにドハマり中


いつか坊ちゃんと
鶴瓶の家族に乾杯に
出演するのが夢です★


*のんちゃんのHPです*
遊びにきてくださいな~♪
 ↓こ れ↓





りんく



かれんだー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



かてごりー



最近のにっき





amazonでの買物で支援
  ★ふんばろう商店★

いつものアマゾンでの買物を
「ふんばろう商店」
からで復興支援が出来ます!




FC2カウンター